交通事故にあってしまったら

交通事故に遭ってしまったら必ずやるべき4つの事

1、加害者と加害車両の確認しましょう

携帯で、免許証とナンバープレートの写真を撮る。
出来れば、事故車の撮影もしましょう。

2、必ず警察に電話しましょう

どんな小さな事故でも電話で連絡しましょう。
事故証明が必ず必要になります。
必ず警察に連絡して下さい。

3、医療機関に受診しましょう

そのとき痛くなくても、
必ず専門家の検査を受けて診断書をもらう。

交通事故の場合、人体に加わる力が非常に大きいため、
日常生活での痛みとは完全に分けてお考え下さい。

のちのち人身事故になる可能性もあります。
必ず事故後すぐに病院で
レントゲンなどの検査を受けて下さい。

その時に時間がないからといって、
数日後に検査を受けると、
交通事故との因果関係を
疑われてしまう可能性もありますので、
ご注意下さい。

交通事故の痛みや不調に対して
失礼な態度で応対する病院もあります。

痛いと伝えている場所に対して
検査をせず診断名を付けてもられない
場合もあります。

その場合はすぐに当院に連絡頂くか、
すぐに別の病院で再検査を受けて下さい。

納得できないままにしてしまうと、
後々大きな不利益を受けてしまう
可能性が大きくなります。

不安な場合は遠慮せず
ご連絡下さい。

4、当院にご連絡ください

交通事故後は吐き気や、めまいが出やすいため、
非常に繊細な治療が必要です。
また状態の把握が確実でないといけません。

保険会社とのやりとりについても、
適切なアドバイスを致します。

必要な情報を知らないことで
不利益を受けてはいけません。

当院では以下のような方々のご相談に応じております。

・どこでどの様な治療を受けた方が良いかわからない
・交通事故で車をぶつけられて怪我をしたが、どうしていいか分からない。
・交通事故で病院へ行ったが、湿布と飲み薬だけで納得できない。
・より早く症状を良くしたい。
・病院に通っているが首の牽引だけで、回復が期待できない。
・保険会社との交渉の仕方が分からない・・・。

お気軽にご相談下さい。