通院の考え方(まずお読み下さい)

当院で改善された患者さん達の
実際の通院ペースをですので、
あくまでも目安として参考にして下さい。

症状を改善する為の
「通院ペース」と「通院期間」ですので、
時間の都合などで、下記のように
通院できない事情があれば
遠慮なくご相談下さい。

・日常生活が困難な人 翌日(集中通院期間)
・痛みがかなり強い人 週に2回(集中通院期間)
・一般的な痛みの人  週に1回(集中通院期間)
・痛みがかなり軽減した人 2週間に1回(矯正通院期間)
・メンテンナンスや予防で通う人 月に1回(メンテナンス通院期間)

集中通院期間(週2回~週1回程度)

長く続いている痛みや、
強い痛みや不調がある方は、
あまり間隔を空けず、
集中的な治療が必要です。

この時期には、疲労、血流の悪さ、
歪み、筋肉の障害などが複合的に起こり、
背骨の矯正を行っても効果が持続にくいです。

長年かけて悪くなってしまった場合、
矯正をしても日頃の身体の使い方や
食生活、生活環境が影響し
もとの状態に戻りやすい時期なので、
治療の間隔をあまり空けたくない期間です。

集中的に治療を受けて頂くことで、
硬くなった身体にうるおいが出てきて、
低下していた回復力が少しずつ戻ってきます。

食生活などのライフスタイルを見直し、
急激に回復力を取り戻す必要があります。

集中施術期間は、疲労、循環不良、
歪み、不快な痛みを無くす上で、
非常に重要な期間です。

矯正通院期間(1〜2週間に1回程度)

強い痛みや長く続いた不調が
ある程度落ち着き、
ぶり返さず傷めにくい体を
定着させる為の期間になります。

少しずつ身体が柔らかくなり、
疲労が取れ、背骨が安定し始め、
矯正の効果がより長く続くようになります。

この段階になると、
症状や不快感は無くなっているケースもあります。
しかし、どんなに体調が良いと感じても、
しばらく定期的に通院して、
症状が戻らないように安定させる必要があります。

目標は、「痛めにくく、疲れにくい身体作り」です。

メンテナンス通院期間(1ヶ月に1回程度)

不快な症状は解消され
良い状態をより長く
維持できるようにします。

この段階では、背骨や骨盤、
神経系が安定してきて、
疲労やストレスに対して、
十分に対応できるようになります。

月に1回程度の定期的な通院で、
ゆがみのチェックを受けて頂くことで、
悪かった状態に戻らず、
良い状態を保つことができます。