うつ病・躁鬱病・パニック症、不眠症

「うつ病・躁鬱病・パニック症」

 週に1度のペースで6ヶ月~

心療内科を通院中の方は、当院でも
他院でも良いので、信頼できる手技療法家の
治療を併用し、より早く回復することが大切です。

病院でのカウンセリングと薬だけでは、
回復が長引き、薬の副作用によって、
かえって治りにくくなるケースが目立ちます。

うつ病・躁鬱病・パニック症の人に共通する症状は、
頭や首や背中がガチガチに緊張していることです。
この症状を病院ではことごとく
見逃されてしまいます。

この症状を改善しない限り、正常な思考を
取り戻すことは難しいと思います。

背骨、頭蓋骨、骨盤を緩めてリラックスさせると同時に、
自宅でのオイルマッサージをお勧めしています。

うつ病・躁鬱病・パニック症の診断をされたら、
なるべく早く信頼できる治療院を見つけ
通院されることを強くお勧め致します。

大量の薬を処方する心療内科に通われている方は、
最小限の処方をする所を探してください。
脳に作用する薬は危険なことが多いです。

「不眠症」

 1~2週に1度のペースで3ヶ月〜

夜間のトイレ回数が多い方は、
背骨や骨盤の硬さも影響しています。

睡眠導入剤の服用が欠かせない方に
共通することは、他の薬もたくさん
併用されていることです。

コレステロールを下げる薬、
血圧を下げる薬、
膝の痛みを和らげるコンドロイチンなどなど。

薬が健康に良いものと思い、
一生懸命飲まれていますが、
逆効果のことが多いです。

健康的な食事をして、
体をリラックスさせて、
しっかり歩くことで改善することが
多いと言えます。