肩の症状

【肩】の症状

「辛い肩凝り」

 2~4週間に1度のペースで。

内臓の不調や頭痛を伴うので
全身のメンテナンスも大切です。

肩凝りを少しでも楽にしたくて、
首〜肩周辺をもむことが多いと思います。

しかしほとんどの場合、
凝っている肩以外にも問題があります。

固まった肩をもんだり押したりしたその時は
楽になった気がしますが、
すぐに元に戻ることが多いと言えます。
何故なら他の原因がそのまま残っているからです。

肩こりを改善する為に、硬くなった肩の筋肉を
ほぐせば良いといった解決方法は
肩凝りを軽く考えていると思われます。

結果的に肩が凝っているのであって、
肩こりの多数の要因がどこにあるのか
調べなければ大きな改善が期待できません。

骨や関節や骨盤などの構造的な問題なのか?
仕事や生活習慣などによる姿勢はどうか?
手や足に問題はないか?
内臓の不調はないか?
もしかしたら、もっと深刻な病気が隠れていないか?

ただの肩凝りと考えず、
しっかりと問診と検査を致します。

極度の肩凝りは、消化器系や生殖器系に
問題があることも多いので、
必要と判断した場合は紹介状を書いて
病院で検査を受けて頂くこともあります。

また精神的なストレスも蓄積していることが
多いので、生活の中の要因にも目を向けることが
必要です。

「四十肩・五十肩」

 2週間に1〜2度のペースで

病院で四十肩・五十肩と診断されても、
実際はそうでない場合が多いと言えます。

肩の痛みというだけで
四十肩・五十肩と診断されることも多いので、
本当に四十肩・五十肩なのか、どんな状態なのか、
より細かく検査をする必要があります。

四十肩・五十肩の方は、肩だけに問題があるのでは無く、
全身の状態が非常に悪化しているといえます。

首、背骨、腰、骨盤、手首、足首など
必要な治療ヶ所がとても多く、
総治療時間が非常にたくさん必要です。

また、食生活・生活習慣や寝る姿勢、
仕事姿勢なども改善する必要があります。

不調な期間の長さ、腕の上がり具合や痛み方によって、
改善スピードが全く異なります。
完治までの期間をハッキリと
お伝えすることは難しいです。

腕が90度まで上がらない、
どんな姿勢でも疼くような激しい痛みがある、
腕をちぎってしまいたいくらい痛む、
などの症状がある場合、
かなり身体の状態が悪いですので、
辛抱して根気よく通って頂く必要があります。

治療始めた当初は、治療を1週間空けてしまうだけで
前回の治療効果が完全に消えてしまい、改善が積み上がって
行かないケースが多いと言えます。
そうならないように、お伝えするセルフメンテナンスを
自宅でたくさんして頂くことが必須になります。

「石灰沈着」

 週に1度のペースで

病院で石灰沈着と診断されて、
治療法がないと言われても、
実は超音波治療が有効です。

四十肩・五十肩と診断されることもあり、
症状をよく観察する必要があります。

また、食生活・生活習慣や寝る姿勢、
仕事姿勢なども改善する必要があります。

不調の期間、腕の上がり具合や痛み方によって、
改善スピードが全く異なります。
完治までの期間をハッキリと
お伝えすることは難しいです。

腕が90度まで上がらない、
どんな姿勢でも疼くような激しい痛みがある、
腕をちぎってしまいたいくらい痛む、
などの症状がある場合、
かなり身体の状態が悪いですので、
辛抱して根気よく通って頂く必要があります。

「繰り返す肩の脱臼」

病院に紹介状を書きます。
接骨院や整体院、鍼灸院では治りません。
すぐに手術が必要です。

手術後に必ず長期間のギプス固定をします。
そのため肩の動きが非常に硬くなります。

ギプスを外した後、
肩の動きの回復の為、
2週に1度程度のペースで通って頂くと、
改善が早くなると思います。