自律神経失調症・極度の疲労・不定愁訴

「自律神経失調症」

 1~2週に1度のペースで3ヶ月~

胃が痛い、下痢が続く、顔が引きつる、
体が重く疲れている、汗が出ない、いつも眠いなど、
病院で検査をしても原因がはっきりしません。

自律神経失調症と診断された方に多いのは、
背骨がカチコチになっていて、疲労が強いことです。

病院で処方された薬に頼りすぎるより、
動きにくくなった背骨を柔らかくして、
内臓の調子を整え、疲労を回復する方が
効果的なことが多いです。

徹底的に体の疲労を取ることによって、
色々な症状が改善されます。

「極度の疲労」

 1~2週に1度のペースで3ヶ月~

体がひどく疲れている、いつも眠い、
栄養ドリンクを頻繁に飲んでいる、やる気が出ない、
風邪がなかなか治らない、などの症状がある方は、
全身のメンテナンスが必要です。

疲労が強くなりすぎると、リラックスしている状態が
分からなくなります。
体が緊張しているので、長時間寝たつもりでも、
全然回復せず疲労が取れません。

また極度の疲労になると、
背中や鎖骨・肋骨まわりに痛みが出たりします。

定期的に通って頂くと同時に、
生活習慣や食生活を見直す必要があります。

栄養ドリンクを体力回復に効果があると思いがちですが、
ボロボロになった体にムチを打って興奮させているだけで、
疲労を回復させているわけではありません。

充実した日々を過ごすために、
しっかりした食生活を身につけ、
健康で強い体を取り戻しましょう。

「不定愁訴」

 1~2週に1度のペースで

原因がわからない痛み、
病院で治療法がないと言われ諦めている痛み、
長い間我慢している痛みなど。

このような痛みがある方は、
食生活や生活習慣、仕事の姿勢などが
影響しています。

怪我をした覚えはないのに痛みが続く、
病院で治療してもまったく改善しない場合、
詳しく問診をさせて頂き、見落としている
原因を突き止める必要があります。

食事や生活習慣の指導をさせて頂き、
1〜2週に1度のペースで通って頂くことで
ゆっくりですが確実に改善します。