接骨院と整体院は何がちがうの?

治療院を探す際、整骨院と整体院、
どちらへ行けばいいのかと迷った事はありませんか?

整骨院と整体院の違いは、
すごく簡単に言えば、国家資格があるか無いかです。
整体は国家資格が無くても開業できます。

ちなみに、接骨院と整骨院は
呼び方に違いがあるだけで、同じです。

接骨院を開業するには、
柔道整復師という国家資格を取得することが必要です。
そのため、指定の専門学校や大学で3年以上学ぶ必要があります。

ですから接骨院に通院される場合は、
最低限の医療知識は備えているという
目安にはなります。

また接骨院は保健所に届け出が必要な医療機関ですので、
精密検査が必要と判断した場合は、
紹介状を書き病院にご案内することもできます。

最近では国家資格を取得された先生でも、
整体院として開業され、
色々な症状を幅広く診て
活躍される方も増えています。

国家資格といえど、運転免許のようなものです。
治療院の良し悪しは、
どれだけ真剣に勉強や修行を
続けているかにかかっています。

接骨院、整体院に関わらず、
患者さんに真剣に向き合い、
しっかり話を聴き、勉強熱心で、
色々な指導をしてもらえる治療院が
良いと思っています。

 

bth-next ここで治療を受けるとどうなるの?